Amazon売れ筋ランキング >>

足を運ぶ価値あり!串間市のご当地グルメ『ぶりプリ丼ぶり』

脂がのったプリプリのブリのおいしさを味わうなら、串間市のご当地グルメ『ぶりプリ丼ぶり』がおすすめです。

一度口にすると”また串間市に足を運んで食べたくなる”、そんな『ぶりプリ丼ぶり』の魅力をご紹介します。

目次

『ぶりプリ丼ぶり』とは?

『ぶりプリ丼ぶり』は、平成28年に開催された「宮崎オススめし総選挙」(投票総数1万3385票)にて、南那珂エリアで第1位となった串間のご当地グルメです。

串間獲れの新鮮な「活〆ぶり」と「旬の野菜」と使った丼ぶりになっています。

『ぶりプリ丼ぶり』公式情報はこちら

『ぶりプリ丼ぶり』の条件

『ぶりプリ丼ぶり』と認定されるためには、12の条件があります。大満足の丼ぶりになっているのは、こういった細かな条件があるからなんですね!

  1. 名称は「串間活〆ぶりプリ丼ぶり」とする(通称『ぶりプリ丼』)
  2. 串間市で水揚げされた活〆のブリを使う
  3. ブリの量は100g以上とし、食べやすいよう薄切りにする
  4. どんぶりの中は上からブリ、サラダ、ごはん、火を入れたブリとする
  5. 2種類以上のタレ(味)を準備する。1つは全店共通ダレとして、松尾醸造場の”スタミナつけてミソ”を使用する。他は各店オリジナルのものとする
  6. 器などは会認定のものとする
  7. 注文があれば一番上のブリは、熟して提供する
  8. 基本形は、どんぶり、アラ汁、香の物とする
  9. 価格は1,000円(税込)とする。(基本)(串間市内店舗のみ)
  10. 串間の食材や旬に拘った素材を使用する
  11. サラダの野菜は5種類以上とし、うち串間産の野菜を2種類以上使用する
  12. 提供店舗は会指定ののぼりを立てる

ブリのおいしい時期は?

通常、ブリは「寒ブリ」と言われるように”冬が旬”。

宮崎県串間市の『黒瀬水産』が提供する黒瀬ぶりは「夏が旬」をうたっています。

研究により養殖のサイクルをずらすことに成功し、1年中、脂ののったブリを提供することが可能になりました。

つまり、串間市ではいつでも新鮮でおいしいブリの『ぶりプリ丼ぶり』を食べることができるんです!

串間市で『ぶりプリ丼ぶり』を提供しているお店

大乃屋

私がはじめて『ブリぷり丼ぶり』を口にして感動したのが、串間市の大乃屋さん。

丼の上には、漬けになったブリと刺身のブリ。鮮度バツグン、引き締まっててプリップリのブリ。

適度にのった上品な脂と相まって、無言になるぐらいのおいしさ。

食べ終わるのが惜しい・・・となった頃に、丼のご飯の下からモチモチ食感のサプライズ!(食べてのお楽しみ)

数年たった今でも、忘れられない味。この丼ぶりを食べるために、串間まで足を運ぶ価値ありでした。

『大乃屋』詳細はこちら

串間温泉いこいの里

「串間温泉」は知る人ぞ知る美人湯です。炭酸水素イオンの含有量などは全国平均の3倍以上、全国でも2、3番目に多いとされています

上記のように公式サイトで説明があるとおり、かなり気持ちいい温泉でした。22時まで温泉が空いているのも、最高!

温泉でゆっくり疲れをとった後に、ぶりプリ丼ぶりを食べるのもいいですよね♪

私が訪れた時には食堂が閉まっていたので、機会があれば食べてみたいです。

公式サイトはこちら

宮崎市で『ぶりプリ丼ぶり』を提供しているお店

ぶりプリ丼ぶりを、宮崎市でも食すことができます(ランチのみ)。一番街アーケードを抜ける手前にある寿司処『江戸銀』です。

ブリの下には野菜、ご飯、トロロ、一番下に焼いたブリ。季節のクリまで隠れていました。

お味噌もしくは、醤油をつけて食べます。お味噌、ご飯がすすむ味!

アラ汁は提供時に「食べきれなかったら残していいよ〜」というぐらい、大きなお椀です。

ほっくりした身のアラ汁、コラーゲンもぷるぷる。三つ葉も入って、ほっとする味わいでした。

ご飯の量は「デカ盛り」まで選べます。が、普通盛りで私は動けないぐらいお腹いっぱいになるボリューム。

食事した後に食料品を購入に行ったのだけど、惣菜の匂いがきついぐらいでした(笑)通常は普通の量がちょうどいい、という方は、ご飯少なめでオーダーすることをおすすめします。

『江戸銀』詳細はこちら

グルメの魅力もたくさんの串間市

『ぶりプリ丼ぶり』以外にも、「キンカンシャーベット」「串間産マンゴー」「あくまき」「かりんとう」など、串間の食材をふんだんに使ったスイーツ『くしパフェ』が、2014年開催のまつり宮崎『ご当地グルメコンテスト』にてグランプリを獲得した串間市。

2021年春にOPEN予定の『道の駅くしま』では、ぶりプリ丼ぶりをはじめとしたご当地グルメを提供予定です。

『『道の駅くしま』公式サイトはこちら

よい思い出づくりに、グルメの魅力は欠かせません。

『ぶりプリ丼ぶり』の魅力は、各店ならではの工夫がされていること。各地で提供されている『ぶりプリ丼ぶり』の食べ比べをするのも、楽しめると思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

WEB集客のアドバイス、ライター(求人広告・Webライティング)、etc。
興味のおもむくまま4つのメディアを運用しながら、求められるがままお仕事してます。

目次
閉じる