宮崎のお店

宮崎市の手土産・差し入れにしたい美味しいスイーツ・お菓子まとめ

手土産にスイーツやお菓子を持っていくときの個人的ポイントは、甘いものが苦手な人でも大丈夫なもの。

手土産や職場の差し入れで喜ばれたことが多い、宮崎市のスイーツ店をご紹介します。

『en haut(アンオー)』のシュークリーム

宮崎市でスイーツといったら、外せないのが『en haut(アンオー)』。

フランス・パリで開催された洋菓子国際コンクール「ル・モンディアル・デ・ザール・シュクレ」の2012年大会で優勝した、芋生玲子さんがオーナーシェフで、2013年に地元である宮崎にOPENしました。

大人な上品な味と、芸術とも言える珠玉のケーキの数々。

日持ちのする焼き菓子も充実しているので、ここぞというときの手土産はアンオーなら間違いありません。

ただ、持っていく先の人数が多いときには、値段で悩むところ。

そこで手土産におすすめなのが、シュークリーム。200円以下というリーズナブルながら、味は”さすがアンオー”と唸る美味しさ。

アンオーを知らない人に、アンオーのことを語った上でこのシュークリームを渡すと、一気に飛びつきます(笑)

『en haut(アンオー)』の詳細情報

※2020年10月時点の情報です※

公式サイトはこちら

上品な甘さのチョコスイーツ『meme chocolat』

ぜったい食べてみた方がいい、そう紹介されて足を運んだ『meme(ミーム)』。

公立大の向かいに店舗があり、若草通の『and bubble x meme』でも購入することができます。

一口食べて、”これなら甘いのが苦手な人がいても大丈夫!”と手土産リストに加わった、上品な甘さのチョコレートスイーツ。

冷凍なので、持ち歩く時間が長い時にはショコラリングやドーナツショコラを選んでいます。

駐車場は、公立大側にある店舗『丸平』の向かい側に2台分あります。

『meme(ミーム)』の詳細情報

※2020年10月時点の情報です※

公式サイトはこちら

『Sanseidow Sweets(サンセイドウスイーツ)』

※写真は旧店舗のときのものです※

アメリカンスイーツと聞いて「甘そう」と思い、避けていたのを後悔するぐらい、どのスイーツも持って帰りたいほど美味しいのが、Sanseidow Sweets。

大人のラムレーズンケーキはお酒が効いていて、果実のケーキは甘酸っぱい素材の味が感じられて、チョコケーキも覚悟して食べたらシックな甘さで・・・と甘いものが苦手な人も全く苦にならない美味しさ。

この焼き菓子はどんな味?と全制覇したくなること間違いなしです。

『Sanseidow Sweets』の店舗情報

※2020年10月時点の情報です※

『ドイツ菓子カラカス』のエクレア

色鮮やかでカラフルなエクレア。スタンダードなチョコレート以外にも、ラムレーズンや紅茶など大人女子にもぴったりな種類が豊富。

それぞれの味をしっかり楽しめる美味しさです。

『ドイツ菓子カラカス』の店舗情報

※2020年10月時点の情報です※

  • 住所:宮崎市大橋1-89-1(GoogleMapで場所を表示
  • 営業時間:月~金10:00~18:00/土10:00~18:00
  • 定休日:日曜

もっちもちの『福楽まんじゅう』

2017年の12月に小林から宮崎市に移転した『福楽まんじゅう』。もちもち食感と、上品な甘さの餡で、ぱくぱくと食べてしまえる美味しさ。

種類は黒あん、白あん、よもぎ、桜、チョコレート。なかでも手摘みのヨモギを使ったおまんじゅうが人気。

こちらはチョコレート。弾力があって、もちもちしているのが伝わるかな?

縁起のよい手土産として、紅白で組み合わせて差し入れするのもおすすめです!朝7時〜売り切れ次第終了なので、午前中の購入がよいかと思います。

手土産用に箱入りをお願いすると、こんな感じの包装。喜ばれます!

『福楽まんじゅう』の詳細情報

※2020年10月時点の情報です※

『河野文化菓堂』の酒まんじゅう

『河野文化菓堂』は、日本酒専門店のお酒屋さん『河野俊郎酒店』の菓子店です。ここの酒まんじゅうが、日本酒好きにはたまらない味。

差し入れでいただくことが多いのですが、毎月お酒の種類が変わるので、何度いただいても嬉しい1品。チーズ万十など他のお菓子も、美味しいです♪

『河野文化菓堂』の詳細情報

※2020年10月時点の情報です※

『hapihapi(ハピハピ)』のhapi大福

宮崎神宮そばのhapihapiは、店名がはいったhapi大福がおすすめ。もちもちした中に、ふわっとした生クリーム。
ケーキ大福と呼ぶのがぴったりかも。ボリュームたっぷりで1個で大満足!

季節限定の大福があったり、干支の可愛らしい大福がでたりと、行くたびに「今日は何を食べようかな」とテンションがあがってしまうお店です。

人数が多いときには、ミニ大福詰め合わせがおすすめ。男性も「何これ?うまー!」と普段は味わえない食感に喜んでくれること間違いなしです。

『hapihapi(ハピハピ)』の詳細情報

※2020年10月時点の情報です※

公式サイトはこちら

『味のくらや』のチーズ饅頭

味のくらやは、宮崎駅・宮崎空港・宮崎山形屋の中に店舗があります。リーズナブルにちょこっと持って行きたい時、ここのチーズ饅頭が私のお土産の定番。

一般的なチーズ饅頭は小ぶりなクッキー生地のような中にチーズが入っていますが、味のくらやさんのチーズ饅頭は大きさのある黒糖の蒸しパン。6個入りで500円と、とってもリーズナブル。

中にはクリームチーズがぎっしり。クリームチーズの酸味が、黒糖蒸しパンの甘みと相性バッチリなんですよね。さらにレーズンが、味をひきしめてくれています。

あたためても美味しいと店員さんに聞いたので、レンジであたためたところ、クリームチーズがトロッ♪

お土産で持って行った人が後日、”どこで買えるの?”と電話で問い合わせてくるぐらい、ファンになってしまう味です。

『味のくらや』の詳細情報

※2020年10月時点の情報です※

  • 住所:宮崎駅/宮崎空港/宮崎山形屋

公式サイトはこちら

関連コンテンツ

-宮崎のお店

Copyright© アルノバ-宮崎から情報発信 , 2020 All Rights Reserved.