宮崎市|『おかし屋さんhapihapi 』のもちふわスイーツ「はぴ大福」

宮﨑神宮の東参道にある『おかし屋さんhapihapi』のはぴ大福。

極上のクリームがたっぷり入ったケーキのような大福で、手土産に持っていくと、他にない味わいに驚きとともに喜んでもらえるスイーツです。

こんなシーンにおすすめ
  • 宮﨑神宮参拝帰りの手土産に
  • 自分へのご褒美スイーツ
  • 特別なイベントの時のお祝いに

※当サイトの写真は撮り下ろし中心です。使用に許可が必要な写真もあるため、他サイトでの無断利用等はご遠慮ください(参考:引用マナーについて

目次

『おかし屋さんhapihapi 』おすすめポイント3つ

はぴ大福は、求肥(ぎゅうひ)の中にたっぷりと上品な味わいのクリームが詰まっていて、ショートケーキのような味わい。

もちっとした皮とふわっとしたやさしいクリームに幸せになれるスイーツです。

素材にこだわった“ふわふわやさしい”ケーキのような大福

はぴ大福は宮崎県内各地の生産者さんたちの“旬の素材”を使用した大福なので、訪れるたびに新たな大福に出会えます。

はぴ大福は3つのサイズがあり、注文してからその場でできたてを提供してくれるスタイルです。

税込(大)480縁(中)440縁(小)350縁 ※円=縁表記、2022年12月現在

小サイズで一般的な大福サイズ。

小サイズ

中サイズになると、食べ応えばっちり。

中サイズ

手でもつと形が変わるぐらいやわらかで切り分けが難しいので、一人で食べ切るサイズを選ぶのがおすすめです。

特別な時期には事前予約で“特別なはぴ大福”を

毎年、お正月の時期には可愛らしい干支はぴ大福が登場します。

お正月は混み合うので、事前予約をしておきましょう。

誕生日やイベントには、はぴ大福ケーキもあります。

“縁起の良い贈り物”にもぴったり

はぴ大福は食べた人が“幸せ”になれることを願い、思いを込めて一つ一つ作られているスイーツです。

その想いは、店舗の雰囲気からも感じることができるはず。

毎月1日は朔日仕様のはぴ大福が登場。

2022年、宮﨑神宮の参拝餅は人気すぎて6時には完売してしまっていたので、ゆっくりと参拝したい人にはhapihapiの朔日はぴ大福がおすすめ。

三股町 下石農園「みまたん金ごま」の大福を購入してみたら、想像と異なるチョコレートのような味わいで、ゴマの香りたっぷり。

絶妙な甘さのハーモニーに感動しました。

特別仕様の朔日はぴ大福は、今月も頑張る自分へのご褒美にどうぞ。

また令和3年に『神武さまのおすそわけ』に認定された「さちつつみ」も、縁起の良い手土産としてぴったりです。

さちつつみは、どら焼きの中に求肥(ぎゅうひ)と、季節の素材を使用したクリームが包まれた和菓子になっています。

『神武さまのおすそわけ』は、宮崎で生まれ育った日本国の創始者・初代天皇『神武天皇(神武さま)』にちなみ、福運と実りへの祈願を込めた和菓子です

『おかし屋さんhapihapi』の詳細情報

住所宮崎県宮崎市神宮東3丁目3−21(Google Map/口コミ
営業時間10:00〜19:00
※毎月1日は朝6時半から営業
定休日火曜日・不定休
駐車場あり(お店の前)
SNSInstagramFacebook公式サイト
2022年12月現在

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このブログの運営者です。
趣味も兼ねた5つのブログを運用しながら、興味のおもむくまま求められるがままフリーランスとしてお仕事してます。

目次