延岡市「りはく」季節の食を楽しめる1日1組限定レストラン

当サイトでは広告を含みますが、感じたままを正直にお伝えしています

1日1組限定のプライベートな空間で食事を楽しめる延岡市のレストラン「りはく」は、2ヶ月先まで予約で埋まる人気店です。

精進料理マイスター・薬膳インストラクター・唎酒師そして食育マイスターである女将、中武 栄子さんによる、おもてなし。

食の大切さ、そして想いの込もった料理の数々は、心のデトックスにもなるひとときになりました。大切な誰かと過ごしてほしい空間を提供する「りはく」の魅力についてご紹介します。

こんなシーン・人におすすめ
  • 非日常の時間に癒されたい
  • プライベートな空間で心ゆくまで食・お酒・おしゃべりを楽しむ
  • 観光+食+日本の伝統文化に触れる、大人の女子旅に

※当サイトの写真は撮り下ろし中心です。使用に許可が必要な写真もあるため、他サイトでの無断利用等はご遠慮ください(参考:引用マナーについて

目次

「りはく」でいただく四季折々の料理とお酒

日本には四季があり、旬の食材は体調を整えてくれます。

敷紙は女将直筆の書・絵が印刷されたもの

春はあくの強い春野菜で冬に溜まった老廃物を解毒し、
夏は夏野菜で汗で失った栄養や水分を補い、
秋は冬に風邪をひかないように秋野菜でエネルギーを蓄積し、
冬は体があたたまる根菜を。

大人になったからこそ実感できる、日々口にするものから体が作られているということ。自然の恵みに感謝をしながら、いただく。

私が「りはく」で感じたのは、そんな「存分に“食”を楽しむ時間」でした。

春の野菜懐石と茶会

「春の野菜懐石」と茶室でおもてなしをしていただきました。

和の趣あるモダンな空間にはオープンキッチンがあり、調理中の音や香りも感じられ、お料理を待つ時間もご馳走となります。

和室・茶会に慣れないとマナーetcが大丈夫だろうかと身構えてしまうかもしれませんが、大丈夫。

「ここは何も気にせず楽しんでもらうためのプライベートな場所なんです」

女将の言葉に、心もほぐれていきます。

はじまりは茶室で桜茶を。

ほのかな塩気と桜の味わい、そして美しい桜の花に癒されるひととき。

テーブル席に移動してウェルカムドリンクを楽しんだ後、春の食材を取り入れた料理の数々が提供されます。

春野菜は冬の間に栄養とともに害虫から身を守る「苦味成分」をためこんでいて、人がいただくことで身を守る抵抗力を分けてもらえるのだそう。

私はここ数年で、健康のために加工食品を口にするのをなるべくやめてから、市販のものは「味が濃い」と感じるようになりました。

懐石料理とは日本古来から受け継がれてきた、四季折々の素材を活かす、おもてなし料理。

食生活を変え「うま味」や「苦味」、素材本来の味をおいしいと思えるようになったからこそ楽しめる“大人の贅沢”なのかもしれません。

えびしんじょ

苦味もおいしいと感じられるようになった、大人って幸せ…。

こごみ・ふきのとう・菜の花の天ぷら

「何も考えず五感で料理を存分に楽しみたい!」という気持ちになって途中でメモを放り出してしまったので、数々のお料理写真をどうぞ。(何度も写真まで撮り忘れそうになりました)

揚げびたし

女将は唎酒師でもあり、出身地である松江の銘酒「李白」をはじめとして、食事に合う各地の日本酒を取り揃えています。

純米酒、特別純米酒は口当たりが良く、誰でも飲みやすいのだそう

おいしいお酒と料理に、自然と話もはずむ極上の空間です。

新たけのこ
料理を美しくみせるお皿や余白にも感動
しらすを乾燥させた「たたみいわし」は大阪から取り寄せたという一品
茶碗蒸し

時間を忘れ、絶妙なタイミングで運ばれてくるひとつひとつの料理に心ゆくまで満足した後は、再び茶室に足を運び和菓子と抹茶をいただきます。

和菓子も女将の手作りです。

こうやって料理の写真を見返すと細部にまで心が宿る、おもてなしの心をあらためて感じました。

上質なお料理と洗練された大人の空間を存分に楽しめて、予算目安はランチ4,000円〜、ディナー5,000円〜というのだから驚き。

思い出に残る特別な1日。この空間と食の大切さを共有できる人と、再び訪れたい場所となりました。

訪れるなら観光も兼ねて心ゆくまでゆっくりと

全ての料理をいただいて、お茶席まで、あっという間の3時間。車で訪れていたのでお酒は飲みませんでしたが、日本酒まで楽しまないともったいないという気持ちになりました。

訪れるなら宿泊前提もしくは、電車で行くのがおすすめです。(延岡駅より、りはくまで徒歩20分ほど)

りはくでは、着物の着付けサポートも対応可能です(要事前予約)。着物で食を楽しんだ後に「延岡城跡」を巡る…そんな非日常を楽しんでみませんか?

延岡では平成21年に「コノハナロード」が誕生しました。

2月上旬〜3月上旬まで、五ヶ瀬川堤防沿いには100万本の菜の花と、300本の河津桜が咲き誇るので散策するのもおすすめです。

花の見頃
  • 【1月下旬〜2月中旬】慧日梅(えにちばい)|本東寺 ※宮崎県三梅の一つ
  • 【2月中旬〜3月上旬】天下一ひむか桜|五ヶ瀬川堤防
  • 【2月上旬〜3月上旬】菜の花|五ヶ瀬川堤防
  • 【2月下旬〜3月中旬】やぶ椿|城山公園
  • 【3月下旬〜4月上旬】ソメイヨシノ|城山公園

「りはく」駐車場・営業時間の詳細情報

店名の看板は目立った場所にはありません。2階建ての1階部分が店舗になっていて、駐車場もあります。

和の空間と「りはく」のプレートが、玄関への目印です。

住所宮崎県延岡市柳沢町1丁目1-1(Google Map/口コミ
営業時間11:00〜22:00(完全予約制)
定休日月曜日
席数4席
駐車場あり
Web情報公式サイトInstagram
2024年2月時点の情報です。最新情報はWeb情報でご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人・監修者

このブログの運営者です。興味のおもむくまま、趣味&副業も兼ねた5つのブログを運用中。

目次