Amazon売れ筋ランキング >>

宮崎県産黒毛和牛『有田牛』は肉肉しいハンバーグ・ハンバーガーもおすすめ!

畜産業の友達に「宮崎でおいしい牛肉を買うならどこ?」と聞いて、教えてもらったのが『有田牛』。

牛肉のおいしさはもちろん、直売所「有田さんちのお肉やさん」では絶品ハンバーガーやグルメも楽しめました。

実際に店舗を訪れてみての雰囲気や、おすすめの商品をご紹介します。

目次

宮崎県西都市の『有田牛』とは

有田牛は、宮崎県西都市『有田牧畜産業』のオリジナルブランド牛です。

有田牧畜産業では、有田牛(黒毛和牛) 」と「この華牛(国産牛)」2つのオリジナルブランド牛を展開しています。

有田牛は、大地に(Earth)薬はゼロ(Medicine0)を目指す「EMO牛」。

水・エサ・飼育環境にこだわり、愛情込めて育てられた黒毛和牛です。

「有田さんちのお肉やさん」おすすめ3選

精肉がおいしいのはもちろんなので、「有田さんちのお肉やさん」で購入できる精肉以外のおすすめ商品をご紹介!

購入したフードは、テラスでゆっくりと食べることもできます。

私は平日の朝イチに訪れたのですが、すでにOPEN待ちの車が3〜4台いました。人気がうかがえますね♪

有田牛 手ごね生ハンバーグ

ハンバーグ通のみやんさんのブログ記事「全10品!インスタントハンバーグの世界【マツコの知らない世界】で紹介されたお取り寄せハンバーグ」で『有田牛の手ごねハンバーグ』の存在を知り、さっそく購入してみました。

がっしりとした、肉肉しいハンバーグ。

購入したときは平べったい感じだったけど、焼きあがるとこんな感じに。

ゴツい!!!&ガッツリとした食べ応えあり。

岩塩×黒胡椒など、素材そのものを楽しめる味付けがぴったり。これは牛肉好きにおすすめのハンバーグです!

▼この動画で雰囲気伝わるかな?もうちょっとレアな感じで焼けば良かったかも。

公式通販サイトはこちら

有田牛ハンバーガー

店舗では、有田牛の旨みをたっぷり味わえるハンバーガーを購入できます。

オリジナルバーガーは薄切り肉×ハンバーグ×薄切り肉の、これでもかってぐらい牛肉を味わえる肉肉しいハンバーガーで話題です。

これでなんと700円の安さ!!

私がさらに衝撃をうけたのは、訪れたときに新発売だったハンバーガー「赤身クラシックス(赤身レアステーキバーガー)」。

赤身クラシックスの焼き加減は”ブルー”。ブルーとは、数秒だけ焼いた焼き加減(表面だけでほぼ火は通ってない)。

特製赤ワインソースをかけていただきます。

レアな赤身がすごく柔らかく、さっぱり。上品な味だけど、しっかりと旨みも感じられました。赤字覚悟というのも納得です。

レアのためか、あたたかみはなかったので、温かいハンバーガーが良い人はご注意。

食べ応えたっぷりのポテト、プラス100円でドリンクもつけられて、この価格ならコスパ良すぎって思いました。

注文してから多少の時間が必要です。あまり順番待ちがない状態で、10分ぐらいでした。

揚げもの

揚げメンチカツや揚げコロッケのファンも多く、手土産によく利用されるみたいです。

コロッケを半分に割るとこんな感じ。お肉の量の多さがよくわかりますね。

メンチカツにはジューシーなお肉が詰まっています。

手土産としても人気があるのも納得ですね!

その他にも肉肉しいグルメがいっぱい

思わず手に取った「この華牛」のローストビーフが巻かれた『ロースト娘』。プラスされた”からしマヨネーズ”がアクセントに。

このローストビーフが薄切り肉なのに、存分なぐらいの旨みが溢れてくる!次はたっぷりのローストビーフ丼を食べたいという思いにさせてくれました。

サイコロステーキはワンパック500円でした。冷えていても、やわらかくてジューシー。(店内にレンジもあります。)

その他、焼肉丼、牛丼、サンドetc。

『有田さんちのお肉やさん』では、精肉とテイクアウト可能なお惣菜が「牛肉を食べたい」って気持ちを満たしてくれます。

全種類制覇したいって気持ちになること間違いなしなので、西都に行った時にはぜひ立ち寄ってみてください

ここでお弁当を買ってから、西都原等で食べる人も多いみたいですよ。

「有田さんちのお肉やさん」の詳細情報

公式サイトはこちら

有田牛のネットショップ

牧場直送の通販サイトでは期間限定の割引商品もあったりするので、要チェック!

公式通販サイトはこちら

お得に購入したいのなら、「楽天」や「さとふる」などの”ふるさと納税”を利用して購入するのもおすすめです。

※西都市のふるさと納税

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる