Amazon売れ筋ランキング >>

宮崎神宮の朔日参りと毎月1日限定の参拝餅

宮崎神宮の朔日(一日)参り。毎月の健康と日々の幸せを願い、はじめてみました。

宮崎神宮の朔日参りと参拝餅についてご紹介します。

目次

宮崎神宮の朔日(一日)参り

全国各地に残されている風習が、正月の元旦をはじめとして毎月初めの一日(朔日)に神社にお参りし、新しい月の無事を祈る「朔日参り」。

宮崎神宮では朔日参り証があり、年間を通して毎月参拝すると、12月1日に記念の品を受け取ることができます。

毎月1日限定の参拝餅

初代天皇誕生の日本建国物語『神武東遷』。

宮崎で生まれ育った初代天皇である神武天皇は、日本を治めるために日向市の美々津港から東へと旅立ちました。

古代船を再現した「おきよ丸」

その際に村人が献上したのが、小豆をつきまぜた餅。

宮崎神宮では、平成20年10月より参拝餅の授与を始めました。

参拝餅を製造しているのは、菓匠蒸気屋。季節の厳選素材を使い、毎月異なったお餅になっています。

季節を感じ味わいながら日々の幸せを願う参拝餅は、手土産にもおすすめです。

参拝餅の販売について

参拝餅は1箱2個入りで300円(税込)。事前予約はできません。

元旦と、元旦以外の月では販売開始時間・場所が異なります。

元旦2月〜12月
販売日時午前0時〜毎月1日午前6時〜
販売所特設テント宮崎神宮参道休憩所

2月〜12月までお一人様3個までの個数制限があります

元旦の参拝餅は多めに用意されているようで、個数制限はありませんでした。SNSの情報を見ると日中でも購入できている様子。

2月〜12月は、10時ぐらいに訪れたら看板もなく販売していなかった(完売していた)……という情報もあるので、早めの時間に参拝するのが良さそうです。

季節で異なる宮崎神宮の参拝餅

どんな参拝餅なのか。購入したら追記していきます!

【1月】日の出餅

上にちょこんとのっているのは、黒豆。

紅白のお餅の中に異なる餡が入っていて、上品な甘さの和菓子でした。

【2月】初葩餅(はつはなもち)

和菓子屋で「花びら餅」として販売されている、新春を祝うお菓子。

【3月】上巳の餅(じょうしのもち)

上巳(じょうし)は3月3日。緑は厄を払うヨモギ。

【4月】春麗

【5月】日向餅

【6月】水無茶餅

【7月】夏越の餅

【8月】八朔(はっさく)

八朔は8月1日のことです。

【9月】重陽餅

重陽は延命長寿を願う節句のこと。菊を行事に用いたため、「菊の節句」とも呼ばれています。

【10月】亥の子餅(いのこもち)

源氏物語にも登場し、無病息災を願うお餅です。

【11月】霜菊

【12月】白雪

求肥に卵白を加えた雪平(せっぺい)は、ふわふわとしたお餅。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

WEB集客のアドバイス、ライター(求人広告・Webライティング)、etc。
興味のおもむくまま5つのメディアを運用しながら、求められるがままお仕事してます。

目次
トップへ
目次
閉じる