宮崎市|料金無料!童心に帰り大人も楽しめる『大淀川学習館』

宮崎市下北方町にある『大淀川学習館』は、大淀川流域の自然に関する展示によって学ぶことができる科学館です。

入場料は無料。「子ども向けかな?」と思いつつ訪れてみたら、大人もしっかり楽しめる空間でした。

子どもの頃を思い出し、思い出に浸ることもできる『大淀川学習館』の魅力をご紹介します。

こんなシーンにおすすめ
  • 雨の日でも楽しめるお出かけスポットを探している
  • 自然を感じてリフレッシュしたい
  • 驚きや感動を感じる場所に行きたい
\宮崎で遊び・体験を楽しもう/
日本最大級のレジャー総合情報サイト

※当サイトの写真は撮り下ろし中心です。使用に許可が必要な写真もあるため、他サイトでの無断利用等はご遠慮ください(参考:引用マナーについて

目次

雨の日のお出かけにもおすすめ『大淀川学習館』の魅力

大淀川学習館の本館に向かう道では、自然を感じることができます。

池では、生き物を観察。

季節の木々や花もあり、自然を感じながら本館の入口へ。

本館では訪れる部屋ごとに雰囲気ががらりと変わり、自然の中を巡っているかのような気分になれる場所でした。

子どもの頃を思い出す「大淀川観察ステーション」

「大淀川観察ステーション」には昆虫やカエル、メダカなど、大淀川に生息する小さな生物が展示されています。

擬態していたり、隠れていたり。どこにいる?と探すのも楽しい時間。

子ども目線で展示されているので、大人もしゃがんで水槽をのぞきこみ、童心に戻ったかのよう。

子どもの頃に可愛いとも感じていた、懐かしいミノムシ。ミノムシってそんな生き物だったのねという大人の学び。

昆虫食の展示もあり、採集や購入によって「大淀川学習館の職員が食べてみた昆虫一覧」が面白かったです。

調理方法、味の美味しさ、味の感想が一覧になっていて「旨味成分たっぷりの焼肉」という表現にはちょっと食べてみたくなったり。

「えぐいけど飲める」の感想には、その時の表情を想像してフフッとなりました。

大淀川の魚を見ることのできる水族館「サカナのへや」

「サカナの部屋」では、大淀川の上流域・中流域・下流域に分かれ、魚が展示されています。

大淀川の中に、こんな大きな魚がいるなんて…という驚き。

亀さんの動きにも癒されて、じっと観察したくなりました。

日本でも数カ所にしか生息しないほど希少性が高く、「日本三大怪魚」としても扱われるルビー色の目をした魚「アカメ」は必見

さかなたちの食事タイムに訪れると、また違った動きを見ることができ楽しめそうです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WEB集客のアドバイス、ライター(求人広告・Webライティング)、etc。
興味のおもむくまま5つのメディアを運用しながら、求められるがままお仕事してます。

目次