都城市|松林山 天長寺の本尊開帳護摩祈祷| 日常を離れ癒しの時間

お誘いを受け、都城市「松林山 天長寺(しょうりんざん・てんちょうじ)」の本尊開帳護摩祈祷へ。

護摩修法?タオルや着替えを用意しておいた方が良いお務め?

1年に1度の貴重な御本尊様を拝顔できる期間と聞くと「願いごとへのご利益も倍増しそう!」と、何も知識がないまま勢いで参加した様子や、松林山 天長寺について紹介します。

\宮崎で遊び・体験を楽しもう/
日本最大級のレジャー総合情報サイト

※当サイトの写真は撮り下ろし中心です。使用に許可が必要な写真もあるため、他サイトでの無断利用等はご遠慮ください(参考:引用マナーについて

目次

秘仏御開帳二十一座護摩祈祷会の参加レポート

天長寺の秘仏の御本尊様「四臂不動明王(しびふどうみょうおう)」の四臂は、「腕が4本ある」という意味。

大変珍しいお姿で、毎年7月21日〜28日のみ拝観することができます。

現在の天長寺の本尊様は四臂不動明王(しびふどうみょうおう)です。創建当時の記録には本堂には正観音、護摩堂には不動明王をお祀りしていたとあります。四臂とは「腕が四本ある」という意味で、大変珍しいお姿です。ただし、秘仏のため御開帳期間以外は拝観できません。

九州八十八ヶ所百八霊場~九州を周る「心巡り」の旅~|第41番 松林山 天長寺

この期間中に開催されるのが1日3座、都合21座の護摩祈祷。

護摩木(願い事を書いた札)や供物を炎に投じることで、煙とともに天上の仏様に願い事を届くよう祈ります。

事前に連絡をしておき、当日は車を駐車場へ。

入口を入り、受付表に名前を記載しました。

記載例を参考に、添え護摩にねがいごとを書きます。

ねがいごと記載例
  • 家内安全
  • 合格祈願
  • 当病治癒
  • 心身安楽
  • 心願成就
  • 商売繁盛
  • 五穀豊穣

4文字が良さげだけど金運上昇と書くとTHE煩悩っぽいな…と思い、やわらかめ?に仕事運上昇と記載しました。

ジガギレイニナリタイ

近くの説明には「お願いごと、指名をご記入いただき、三宝にお載せください」と記載が。

三宝??となったので直接お渡ししましたが、あとで画像検証したところ、こちらに載せるのかも?

正しくは直接聞いてみてください。

あと白い封筒に用意していったのが「御供」、目安は1,000円〜3,000円です。

コンビニに白い封筒はないので文具店などで事前に購入しておくのがおすすめ

あれば数珠も持参。

前方右側にふりがながついた般若心経があるので、手にして椅子に着席し始まりを待ちます。

この日は平日の昼間だったこともあり、参加者は私ともう1人。「何もわからないけれど、昨年見て感動したので、今年もきました」って話だったので親近感♪

時間になり、祈祷のはじまりです。

祈祷時間は約1時間。

読経のリズムと、鳴り響く錫杖(しゃくじょう、6個の輪っかがついた杖)・妙鉢(みょうはち、シンバルみたいなもの)・鏧子(けいす、大きいおりん)の音。

心地よい風と、お庭から聞こえてくる自然の音に、心が穏やかに。

中盤から炎が上がりはじめ、初めて目にする護摩祈祷は、舞い上がる炎で白い紙天蓋も舞う非日常の空間。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WEB集客のアドバイス、ライター(求人広告・Webライティング)、etc。
興味のおもむくまま5つのメディアを運用しながら、求められるがままお仕事してます。

目次