宮崎市『ベジ糀(こうじ)』美味しくヘルシーなヴィーガン弁当をテイクアウト

当サイトでは広告を含みますが、感じたままを正直にお伝えしています

動物性食品を一切口にしないヴィーガン対応の料理、宮崎市では飲食店はあるものの、お弁当を提供している場所はほとんどありません。

2023年6月26日に宮崎県総合文化公園のそばにオープンした『ベジ糀(こうじ)』は、塩糀や玉葱糀などを使用した野菜料理のテイクアウト専門店です。元公邸料理人が味を追求しているので、美味しさにも間違いありません。

こんなシーン・人におすすめ
  • ヴィーガン対応のお弁当が必要
  • ヘルシーで体に良い料理を食べたい
  • ヘルシーなだけでなく美味しさにもこだわりたい

※当サイトの写真は撮り下ろし中心です。使用に許可が必要な写真もあるため、他サイトでの無断利用等はご遠慮ください(参考:引用マナーについて

目次

『ベジ糀(こうじ)』糀の力で野菜をより美味しく

『ベジ糀』のテイクアウト弁当は、店主が注文を受けてから時間に合わせて作っています。

予約なしで訪れると、他の予約等で対応が難しい場合があるかもしれません。10時までにInstagramのDMもしくは電話からの予約がおすすめです。

元公邸料理人が提案する野菜と糀のマリアージュ

店主はシェラトンホテルで働きながら街場のレストランで修行を積んだ後、西アフリカ ギニア共和国 日本大使公邸料理長を務めた、小宮康広さん。

と聞くと身構えてしまいそうですが、ラグビー日本代表のユニフォームで現れるという、個性的でおちゃめな方です(笑)

ベジ糀をオープンするきっかけとなったのは、ご自身の病気。胆嚢結石になり治療を受けた後、今まで好きだったラーメンなどの脂っこい料理を体が受け付けなくなりました。

食事は野菜料理が中心になったけれど、せっかくなら、より美味しく食べたい。そんな時に発酵の力をかりることで、野菜の美味しさをより一層引き立ててくれる「糀」と出会ったのだそう。

発酵食エキスパート1級を取得し、より美味しい野菜料理を研究し続けています。

日替わりのヴィーガン弁当

日替わりのお弁当を提供していて、訪れていた日のお弁当は3種類。(価格は2023年7月時点)

【1,280円】スープ付き(この日はじゃがいも)
・ビーガン焼肉弁当
・ビーガン南蛮弁当
・ビーガンハンバーグ弁当

お肉の料理名だけど車麩や大豆ミート、オートミールなどで作られていて、肉や乳製品を一切使っていないヴィーガン料理です。

イートインも可能ということで、店内で提供していただきました(事前予約)。

ビーガン焼肉は車麩でお肉のような食感、味わいを生み出しています。

私が頼んだのは、ビーガン南蛮。

お野菜シャキシャキ!酸味があったり、スパイシーだったり、海苔の旨みを感じたり…。きのこはプリップリ。一品一品が異なる味わいで楽しめ、体に染み渡る美味しさ。

南蛮のタルタルはあっさりしながらもコクがあり、南蛮はお肉のように食べ応えバツグン。

一口ずつ味わったら、ビビンバのように混ぜるのがおすすめとのこと。「一品一品が個性的だけど大丈夫かな?」と半信半疑で混ぜ合わせてみました。

見事なマリアージュで、また違った美味しさ。お腹もいっぱいになり、大満足でした。

ドレッシングやオードブルも

ベジ糀ではドレッシングの販売もあります。

オードブルの注文も可能なので、ぜひご相談を。

『ベジ糀(こうじ)』詳細情報

宮崎県総合文化公園南駐車場のすぐそば、みやざき美容クリニック敷地内となります。

住所宮崎県宮崎市船塚3丁目 195-2(みやざき美容クリニック敷地内)
※宮崎県総合文化公園の南駐車場を目指すとわかりやすいです(Google Map/口コミ
営業時間11:00〜15:00 ※予約は当日10時まで
定休日木曜日、日曜日
駐車場あり
Web情報Instagram
2023年7月時点の情報です。最新情報はWeb情報でご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人・監修者

このブログの運営者です。興味のおもむくまま、趣味&副業も兼ねた5つのブログを運用中。

目次