宮崎市|夜ご飯におすすめ。気軽に味わえるイタリアン『Zio(ジオ)』

宮崎市広島通りで、夕方から営業しているイタリアンのお店『Zio(ジオ)』。

隠れ家イタリアンとして人気だった中央通『石伊食堂』、高松町『izakaya Aubergine(イザカヤ オーバージーン)』を経て、名前を新たにオープンしたお店です。

私が訪れて感じた『Zio(ジオ)』の魅力をご紹介します!

夕方までは自家製スイーツが揃うお店『Sweets dama』が営業中の場所となります

※当サイトの写真は撮り下ろし中心です。使用に許可が必要な写真もあるため、他サイトでの無断利用等はご遠慮ください(参考:引用マナーについて

目次

ワインに合う“愛され続ける”イタリアン料理を

『石伊食堂』の頃から変わらない、ワインに合うメニューが並ぶ『Zio』。パスタやリゾットが人気です。

ゴルゴンゾーラ好きにはたまらないメニュー

『Zio』では、ゴルゴンゾーラを使用したパスタやリゾットも人気です。

名前が気になって注文した「HTG×2」。半熟(H)卵(T)ゴルゴンゾーラ(G)の略で、「×2」は半熟卵の数。

人数に合わせて調整できるそうで、お一人様だった私は「HTG×1」にしてもらえました。

惜しげもなく香るゴルゴンゾーラを、バケットにたっぷりつけていただきます。

塩味がほどよい繊細な味で、半熟卵を加えることでまろやかさが増して2度美味しい。

コスパ良く味わえる、贅沢な一品…(幸せ)。最後の最後まで味わいたくて、バケットでお皿がキレイになること間違いなしです。

優しさと旨味「牡蠣のクリームリゾット」

牡蠣のリゾットというと丸ごとの牡蠣をイメージするけれど、『Zio』の牡蠣はみじん切りになっています。

調理をする前に丁寧に洗うことで臭みをとり、みじん切りにすることで、短時間で牡蠣の旨みがお米にのってくれるそう。

優しいクリームの味わいに、牡蠣の旨みが際立つリゾット。

幸せなひとときにまた食べたくなる、ファンの多い人気の一品です。

素材にこだわった料理の数々

お魚は天然のものだけ、野菜は国産で可能なら宮崎のものを…など、素材にこだわった料理をいただける『Zio』。

春野菜のパスタ(写真:Zio提供)

牛・鶏・豚など、宮崎産のお肉を存分に味わいたい気分のときにもぴったり。

写真:Zio提供

コース料理も用意してもらえるそう。

お一人でお店をされているので、美味しい料理とワインを飲みながら、ゆっくりとした時間を過ごしたい人におすすめです。

『石伊食堂』から『izakaya Aubergine』―そして『Zio』へ

最初の店舗『石伊食堂』は、東京で料理を学んだお店のマスターのお名前にちなんでつけたそう。

気持ち新たに移転オープンした『izakaya Aubergine(イザカヤ オーバージーン)』は、Aubergineの意味が「那須色」だったことから。

そして2022年8月、広島通りに名前を新たに移転オープンした『Zio』。

Zioにはイタリア語で「おじさん」の意味があります。

“年齢を重ねてきた今の自分にぴったりと思って…”と穏やかに笑うオーナーの、優しさと気遣いが溢れるお店です。

『Zio(ジオ)』の詳細情報

店内には4人がけ・6人がけのテーブルがあり、1日2組がゆっくりと過ごせる雰囲気。

窓際に小さなテーブル席があるので、お一人様でも気兼ねなく過ごせます。

予約をしておくのがおすすめだけど、席が空いていればふらりと訪れても大丈夫です。

住所宮崎県宮崎市広島1丁目4-27(Google MAP /口コミ
夕方まではSweets damaが営業中
営業時間18:00〜23:00
電話番号090-8668-7020
定休日不定休
駐車場なし
2022年9月現在

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

WEB集客のアドバイス、ライター(求人広告・Webライティング)、etc。
興味のおもむくまま5つのメディアを運用しながら、求められるがままお仕事してます。

目次